校長挨拶

                               


     榛高でチャレンジ!

  群馬県立榛名高等学校は、昭和15年4月、本地域に女子教育をとの強い願いのもと、群馬県室田高等実践女学校として産声をあげました。その後、男女共学化と町村合併に伴う校名変更を経て、群馬県立榛名高等学校は、2020年、創立80年を迎えます。
 
  平成22年度に県教育委員会の指定を受け開始した「ぐんまチャレンジ・ハイスクール」は、今年も特色ある取組を実践しています。
                                                                                                                      校長   名塚 康恵 
 1 基礎・基本学習                                                 

   (1) 1年生対象
     月曜日から金曜日の毎日、短時間集中授業を実施しています。2・3年生の1~2限相当に「国語総合」40分、「数学Ⅰ」30分、「コミュニケーション英語Ⅰ」30分を授業時間とする学習形態を導入しています。
     既習内容の学び直しと充実を目標に、少人数指導、ティームティーチング、アクティブ・ラーニング、ペア学習等の学習方法により、1年生が主体的な学びに取組めるよう配慮しています。
    (2) 2・3年生対象
        ニーズに応じた科目選択を目的に、「総合」・「情報ビジネス」・「生活福祉」のそれぞれ特色ある3分野のコースを整えています。
 
2 体験型自己開発学習
      自己理解、他者理解を深めるとともに、進路意識の向上と望ましい勤労観・職業観を獲得することを目標に、以下の実践的学習を行っています。
    (1) 1年生対象
      ○ JAはぐくみさんの支援を得て農業との触れ合い、グリーンファーム体験
      ○ 2日間実施する高齢者施設等での福祉体験
    (2) 2年生対象
      ○ 3日間、居住地域の企業や福祉施設、農家さんで実施する職業体験
      ○ 榛名児童館での保育補助を行うスマイルクラブ
    (3) 3年生対象
      ○ 学校見学や説明会に参加しての進路研究
      ○ PTA・同窓会による採用面接練習
 
3 人間(ひと)づくり学習
      特徴的な学年・学校行事や部活動、「榛名山ヒルクライムin高崎」に代表される地域の多彩なボランティア活動等を通して、温かな人間関係づくりを目指します。
 

 「活気あふれる小さな学校 あっとほーむ榛高」は、本校に入学することにより、皆さんが自己実現のチャンスをつかみ、そのチャンスを生かせるよう環境を整えています。本校での学びによって、皆さんの秘めた力が十分に発揮され、地域を背負って立つ、頼もしい人間(ひと)に成長することを、共に目指しましょう。